<新しい命を宿すために出来ること

不妊の原因

妊婦さん

現在、夫婦の3組みのうち1組みは「不妊」に悩んでいると言われています。それほどまでに、不妊に悩みを抱えるカップルはたくさんいるのです。しかしその中には、「赤ちゃんができるよう努力もしているのに、何故妊娠しないんだろう・・・」というカップルも大勢います。このように、妊娠するための努力をしているのにも関わらず妊娠しない理由には、いったいどのような原因があげられるのでしょうか。

妊娠するよう努力をしているのにも関わらず、なかなか妊娠しない方は「不妊症」の可能性があげられます。こうした不妊症に悩みを抱える方はたくさんいますが、その不妊症の定義とは、正常な性生活を2年以上続けても妊娠しない状態のことを指します。
自分が不妊症であるのかどうかを知るには、検査を受ける必要があります。検査を受け不妊治療を受けることで、いくらでも不妊症は改善することができるのです。不妊に悩みを抱える方は、まずは不妊治療のための検査を受け、その後、不妊治療を行いましょう。

不妊に悩み、検査を受けて不妊治療に励む方はたくさんいますが、不妊症とは、決して女性だけに見られる症状ではありません。検査をしてみると、男性にも不妊症を抱える方はたくさんいるのです。それにより、女性だけが検査を受けるのではなく、男性も積極的に検査を受けるようにしましょう。
不妊症の原因とは、男性と女性とでそれぞれ原因は異なります。男性に見られる主な原因としては、90%の確率で「造精機能障害」があげられます。造精機能障害とは、精子がない無精子症や精子の量が少ない乏精子症など、精巣トラブルによる精子不足の症状のことを指します。女性に見られる主な原因としては、80%が「器質性不妊」で、20%が「機能性不妊」が原因となっています。
これらの原因は全て、検査することで把握することができます。