<新しい命を宿すために出来ること

検査方法

ひらめき

不妊に悩み、不妊治療を受けるためには、まずは検査を受ける必要があります。「自分は不妊症であるのかどうか」と共に、不妊の原因を突き止めるためにも検査を受けましょう。原因をしっかりと突き止めることで、それに合った不妊治療を受けることができ、効果的に不妊症を改善することができます。
不妊検査の方法には、さまざまな方法があげられます。病院によって違いが見られますが、基本的には不妊治療の方法によって検査方法にも違いが見られます。
検査を受けるためには、まず、病院にいって問診を受ける必要があります。問診では、子作り期間やセックスの頻度、流産経験はあるか、中絶経験はあるかなど、かなり突っ込んだ内容がヒアリングされます。しっかりとした治療を受けるためにも、包み隠さず全てを話すようにしましょう。妊娠しやすい日を把握するために、日頃から基礎体温を付けている方も多いとは思いますが、そのようなデータがあるのであれば、この問診の際に提示するといいでしょう。
その後、基本的な検査として、ホルモン検査、超音波検査、血液検査などが行われます。不妊治療にはさまざまな治療法が存在しており、その中には栄養療法や漢方療法などもあげられるため、それぞれの治療法によって検査方法には違いが見られます。これまでにあげた検査方法以外にも、子宮鏡検査や子宮卵管造影検査、通水検査や腹腔鏡検査、抗精子抗体検査など、さまざまな検査方法が存在しているのです。