<新しい命を宿すために出来ること

治療方法

オッケー

検査を行なって不妊の原因を突き止め、不妊治療に励む方はたくさんいますが、その不妊治療方法には、さまざまな治療法があげられます。
まず、基本的な治療方法としては、「タイミング療法」があげられます。タイミング療法とは、いわゆる妊娠しやすい排卵日を正確に予測し、それに合わせてセックスを行なう方法のことを指します。自分自身で基礎体温を計る場合もあれば、病院に行き、超音波検査や血液検査などを受けることによって、排卵日を正確に予測する方法もあります。

検査後に妊娠する確率をグンと高める不妊治療の方法として、「人工授精」や「体外受精」があげられます。人工授精とは、子宮の中に直接精子を入れ、人工的に精子と卵子を出会いやすくする療法のことを指します。タイミング療法が上手くいかない場合に、この療法が多く用いられます。
体外受精とは、検査の後、精子と卵子をそれぞれの体から採取し、体の外で受精卵になるまで育て上げ、その後人工的に子宮に戻す療法のことを指します。妊娠する確率がかなりアップする最先端医療技術であり、高度な生殖医療でもあります。その分、治療費も高額となります。

不妊に悩む方の中には、検査を受け不妊の原因を突き止め、治療に励もうと考える方は多くいますが、「体に負担はかけずに治療したい」と考える方も少なくはありません。検査後、人工的な方法で治療を受ける場合には、体にはかなりの負担がかかってしまいますし、それを懸念する方は多いのではないでしょうか。
しかし、そう考える方でも安心して受けられる不妊治療があげられます。その治療法として、「栄養療法」や「漢方療法」があげられます。それらはそれぞれに、検査を受けた後、サプリメントや漢方を用いて妊娠しやすい体作りを行なう療法のことを指します。